記事一覧

【講習会】iPhone、体験会「ドコモ・ハーティ講座」 《12月4日》


 片町文化センターの2階大広間において、NTTドコモさんの協力で、視覚障害者向けのiPhone体験講習会「ドコモ・はーてぃ講座」を行いました。10人くらいの会員が集まり、基本的な使い方の講習を受けました。
 操作の講師の方が二人と、サポートの方4人の6名のスタッフが着て2時間半の講習会が進められました。
 講師の一人は、私たちと同じ全盲の男性で、自分たちのように見えなくても、タッチパネルの操作をすることができるのだということが、とてもよく実感できました。
 講師の方が同じ障害であることが、親近感と心強さを与えてくれました。今回の講習会で、iPhoneなどスマホや、タブレット端末への壁が少し下がったようです。

 今回の講習会では、電源の入れ方、画面のロックと解除に始まり、フリックやタップなどの基本操作と、電話のかけ方、受け方の実演を行いました。その他便利なアプリの紹介として、「Tap Tap See 」の写真読み上げアプリの紹介がありました。私(ブログ管理人)個人的には、一度試してみたかったので、とても興味深かったです。
 その他に紙幣識別アプリの「言う吉くん(国立印刷局)」もありました。その他にもいろいろと視覚障害者向けのアプリが開発されています。

以下のサイトを参照してみてください。
iPhone、iPad用・障害のある人に便利なアプリ一覧[東京都障害者IT地域支援センター]
株式会社Studio Gift Hands(スタジオギフトハンズ) iPad関連製品/サービス-iPad新・活用法 | 見る、読むアプリ

今回の講習会は、NTTドコモ『ドコモ・ハーティ講座事務局』の協力により行われました。

 10時から始まった講習会は、あっという間に2時間半が過ぎ、終了しました。また、機械があれば、iPhoneでのインターネットの閲覧や、メールの操作などもできればいいなぁと思います。

 午後からは、参加者は半分ほどになりましたが、カラオケなどをして、ささやかな忘年会を行いました。今年度は、1月に新年会を予定しているので、忘年会は、控えめにしました。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

fuchushikaku183

Author:fuchushikaku183
ヘルプカード(画像)

 私たちは、東京都府中市内に在住する、目が見えない、見えにくいという障害を持つ当事者とその家族、そして、様々なサポートをしていただいている方々で活動をしています。
 市内には、およそ500人余りの視覚障害者がいるとされています、その他にも、障害未満の“ロービジョン”の方々を含めると、その数はさらに増えることとなります。府中視覚障害者福祉協会(府中視協)は、府中市内で生活する、視覚障害者のQOL(quality  of life:生活の質)の向上と、障害への理解を深めていただくための活動、及び、障害を持つ当事者とその家族の親睦を図り、日常生活での悩みや困りごとを共有して、その解決を図るために会員相互で協力し合い、共助では、補いきれないようなことについては、市政や福祉に働きかけて私たちの暮らしに反映させてゆくことをモットーにしています。

 視覚障害とは、単に、目が見えない、見えにくいということだけではなく、そのことにより、日常生活や、就労、就学などにおいて、様々な制約や不利益など、社会的障壁によって生じることによる障害であるといえます。

 私たち府中視協は、日々の活動を通して“障害が有る無しに関わらず、誰もがいつまでも安心して暮らし続けられるまちづくり”を、市民の皆様とともに、進めてゆきたいと思っています。
 もし、あなたの身近に、目が見えにくい、見えないことで悩んだり、困っているような方がいらっしゃいましたら、お声掛けをしていただき、私たち府中視協のことをお伝えください、また、私達とともに活動をしてみませんか?

 府中視協では、障害当事者やそのご家族で会員として一緒に活動したい方、ならびに一緒に活動を手伝っていただけるボランティアさんを募っています。
 バス旅行や、市内の歴史散策、盲卓球体験会など親睦行事のほか、視覚障害の理解をより深めるための講演会や、日常生活をより便利にするための講習会などを行っています。

 このブログでは、こうした活動の報告や、視覚障害をより知っていただけるような記事を綴ってゆきたいと思っています。