記事一覧

《ニュースより》視覚障害者ホーム転落事故防止、駅員の介助を原則化へ、

2016年12月1日、Yahoo!ニュースより

 視覚障害者が2016年8月・10月に駅ホームから転落死する事故が相次いだことを受け、国土交通省は全国の鉄道会社に対し、原則として視覚障害者の乗車を駅員が介助するように求める方針を固めた。従来は各社の裁量に任されていたが、駅員が介助を申し出るよう徹底を図ることで、ソフト面での安全対策を進める。

 これまでは、駅を利用する視覚障害者を見かけた場合、駅員が必要に応じて声をかけ、介助を提案するという鉄道会社が多かったが、どんな場合に声をかけるのかを定めた統一の指針はなく、実際に介助するかも現場の判断に委ねられていた。声をかけてもらった経験がなく、駅員が介助してくれることを知らない視覚障害者もいるとみられる。

 このため、国交省は、駅員が改札やホームで視覚障害者を見かけた場合、原則として声をかけて介助を提案するよう求める。視覚障害者が希望すれば、駅員が寄り添ってホームの乗り場まで案内し、乗車行為もサポートする。視覚障害者を驚かせたりすることがないように、どのような声かけをするかを含めて共通の指針を作成し、各社の規則に明記してもらう考えだ。

 駅の利用に慣れていて介助を必要としない視覚障害者については、本人の意思を尊重し見守る程度にとどめる。人手が足りない場合は、駅員の業務に区切りがついて対応できるようになるまで視覚障害者に待機してもらうことも検討する。

以下より引用
視覚障害者 駅員が原則介助へ | 2016/12/1(木) 7:45 - Yahoo!ニュース
<視覚障害者>乗車時、駅員が原則介助 国交省方針 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

<ブログ内関連記事>
鉄道駅の安全性[府中市内の駅]

【駅員さんのリレー介助の実例】
 私(筆者)が、一人で羽田空港から府中に帰るときのことです。京急から、都営浅草線、新宿線に乗り換えて京王線直通で府中駅に向かうことにしました。
 京急羽田空港駅で、改札から乗車までの介助を受け、経路を伝えておきました。
 羽田空港を出発した電車は、泉岳寺から都営浅草線に直通し、東日本橋で都営新宿線に接続します。東日本橋駅では、京急から連絡を受けていた、都営地下鉄の職員さんが、東日本橋駅ホームから、新宿線の馬喰横山駅ホームまで介助をしてくれました。馬喰横山から京王線直通の橋本由紀に乗車し、明大前では、京王の駅員さんが、出迎えていて、府中方面の電車への乗り換えを手助けしてくれました。府中駅に到着するとここでも駅員さんが降車ドアの前にいて、ホームから改札口まで解除してくれました。
 羽田空港から府中駅まで3つの鉄道事業者、4つの路線で、とてもスムーズにリレーしてもらえたことに感謝するとともに、3つの鉄道事業者間の連携の良さに新鮮な感動を受けました。



京急600形(画像)から、京王9000系(画像)の、介助のリレーに感謝!

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

fuchushikaku183

Author:fuchushikaku183
ヘルプカード(画像)

 私たちは、東京都府中市内に在住する、目が見えない、見えにくいという障害を持つ当事者とその家族、そして、様々なサポートをしていただいている方々で活動をしています。
 市内には、およそ500人余りの視覚障害者がいるとされています、その他にも、障害未満の“ロービジョン”の方々を含めると、その数はさらに増えることとなります。府中視覚障害者福祉協会(府中視協)は、府中市内で生活する、視覚障害者のQOL(quality  of life:生活の質)の向上と、障害への理解を深めていただくための活動、及び、障害を持つ当事者とその家族の親睦を図り、日常生活での悩みや困りごとを共有して、その解決を図るために会員相互で協力し合い、共助では、補いきれないようなことについては、市政や福祉に働きかけて私たちの暮らしに反映させてゆくことをモットーにしています。

 視覚障害とは、単に、目が見えない、見えにくいということだけではなく、そのことにより、日常生活や、就労、就学などにおいて、様々な制約や不利益など、社会的障壁によって生じることによる障害であるといえます。

 私たち府中視協は、日々の活動を通して“障害が有る無しに関わらず、誰もがいつまでも安心して暮らし続けられるまちづくり”を、市民の皆様とともに、進めてゆきたいと思っています。
 もし、あなたの身近に、目が見えにくい、見えないことで悩んだり、困っているような方がいらっしゃいましたら、お声掛けをしていただき、私たち府中視協のことをお伝えください、また、私達とともに活動をしてみませんか?

 府中視協では、障害当事者やそのご家族で会員として一緒に活動したい方、ならびに一緒に活動を手伝っていただけるボランティアさんを募っています。
 バス旅行や、市内の歴史散策、盲卓球体験会など親睦行事のほか、視覚障害の理解をより深めるための講演会や、日常生活をより便利にするための講習会などを行っています。

 このブログでは、こうした活動の報告や、視覚障害をより知っていただけるような記事を綴ってゆきたいと思っています。